独立行政法人国立病院機構 天竜病院「看護師求人WEBサイト」

看護部について|天竜病院について

トップページ天竜病院について看護部について

独立行政法人国立病院機構 天竜病院

私たち天竜病院は患者さん中心の医療を実現するため、医師・看護師が一体となった取り組みを基本姿勢としています。

国立病院から独立行政法人に移行しましたが、引き続き地域のための病院であり、地域のための医療を提供することが、私たちに求められている役割だと思っています。

私たちは、川のせせらぎや木々の息吹を聞くように、患者さま一人ひとりの声に注意深く耳をかたむけます。より良い、安全な医療はそこから始まると信じているからです。あなたの看護の志をぜひ天竜病院で生かしませんか。

看護の理念

安心と笑顔、生活の質を高めるように努めます

看護部基本方針

  1. 患者さんの思いに寄り添い、信頼される看護を目指します
  2. 看護するやさしい心を目と手に表します
  3. 安全な環境の提供に努めます
  4. 家族や地域と連携した支援を行います
  5. 自らの役割に責任を持ち、専門職として継続的学習に努めます

看護部長からのメッセージ

地域から必要とされる病院を目指し、
質の高い看護サービスを提供し続ける

看護部長 田代美奈

 天竜病院は、地域のための病院であり、地域の方のためにどれだけの医療、看護サービスを提供できるかということを常に求められています。これからの時代に特に必要とされる慢性期病院として、一人ひとりの患者さんとじっくり、ゆっくりと向き合う看護を大事にしています。

 地域のお役に立つ心強い病院になるために、私たちは質の高い看護サービスを目指しています。そのためには知識と技術を兼ね備えた看護師が必要となります。どんなに豊富な知識を持っていても、「良質な手当て」ができないと患者さんに満足していただけません。また、幸いにも天竜病院には学び合う風土が根付いており、新人看護師だけなく、看護学生の教育にも力を注ぎ、心に残る看護体験ができるよう指導しています。実習に来た学生さんに「どんな看護がしたいの?」と尋ねると、「患者さんとじっくり向き合える看護がしたい」という応えが多く返ってきますが、ここにはまさにそんな思いを共有する看護師たちが集まっています。私自身30年以上に渡って、さまざまな病院に勤務してきましたが、特に天竜病院の看護師は、患者さんのために一生懸命になれる、やさしい人が多いように感じます。

 看護師にとっていちばん必要なこと、それは患者さんのニーズを把握することです。いま患者さんが何を求めているのかを迅速に察知して、考えながら行動することが大事。とはいっても、最初からできる人はいませんから、真っ白な気持ちのまま飛び込んで来てください。

 ただ、看護師になるからには成長してほしいので、チャレンジする気持ちも持っていて欲しいです。現状に満足することなく、もっともっと自分を高めていきたいという向上心があれば、先輩も放っておかないし、着実にステップアップできるはずです。

さらに欲を言えば、少々の困難にもへこたれない強い心、ピンチをチャンスに変えられる人に育って欲しいですね。人は強くないと、相手にやさしくなれません。強さを心の奥に秘めつつ、やさしさが前面に溢れ出ているような、そんな看護師を育てていきたいと思っています。

看護に対する自分の根幹にある想いを、
ぶれずに持ち続けてください。

 新卒の方は、どんな看護をしたいのかをぶれずに持っていてください。何年か経験を積むと、どうしても日々に流されてしまいます。そんなときは、なぜ自分は看護師になりたいと思ったのか、初心を思い出してください。

 中途採用の方は、ブランクを「充電」だと思ってみてはどうでしょう。5年でも10年でも、その期間にあなたなりの人生があったはず。子育て、介護、アルバイトなど、充電中に培ったさまざまな経験を看護に少しずつ活かせばいいのです。天竜病院は、子育て支援、無理のない勤務体系など、あなたが長く安心して働ける環境を用意しています。

即戦力にならなくてもいいのです。早く結果を出したいという気持ちはわかりますが、焦ると必ず失敗します。わからないことは、素直に「教えて」と聞くことが大事。「教えてください」と誰にでも言える和やかな雰囲気、アットホームな人間関係がこの病院の魅力です。

 天竜のきれいな空気と自然に恵まれた環境で、あなたの持っている能力と可能性を存分に発揮してください。患者さんやご家族から「あなたが担当で良かった」と喜んでいただけるような、そんな看護師になってほしいと心から願っています。