外来診療の方へ

診療科一覧

神経内科

神経内科のご紹介

神経内科では、脳卒中やパーキンソン病、痴呆、末梢神経障害、筋ジストロフィーなど、 脳や神経、筋肉の病気の診断と治療を行っています。
頭が痛い、力が入らない、しびれ、ふるえ、物忘れがひどい等の症状のある方や御家族でお困りの方は御相談下さい。
当院のスタッフは、浜松医科大学を中心とした神経内科グループに属し、同大学病院、県西部浜松医療センター、聖隷浜松病院、磐田市立病院などの神経内科とも連携した医療を行っています。
これらの病院の神経内科では定期的な勉強会、情報の交換を行い、常に最新の診療情報に基づいて適切なアドバイスが行える体制作りを目指しています。
なお、当病院では神経難病の医療ネットワークの一員として、筋萎縮性側索硬化症、 脊髄小脳変性症、多発性硬化症などの患者さんを広く静岡県西部から受け入れており、長期入院患者さんの入院環境の整備にも力をいれています。
これらの疾患でお困りの方も、お気軽に御相談下さい。

神経難病について

「神経系」は、からだのさまざまなはたらきをコントロールする役割の器官ですが、その構造や機能は今でも不明な点が多く、神経系の病気も原因不明で治療困難なものがたくさんあります。
筋萎縮性側索硬化症やパーキンソン病などは「神経難病」と定められ、国が主導して研究や治療に取り組んでいます。進行性で致命的となったり、重い障害のために大変な苦労をしいられる病気ばかりです。私ども神経内科では、神経難病の患者さんの診療に取り組んでいます。
少しでも患者さんの QOL (生活の質)が向上するように、スタッフは日々努力しています。

  1. トップページ
  2. 外来診療の方へ
  3. 診療科一覧
  4. 神経内科