天竜病院について

各部門紹介

リハビリテーション科

リハビリテーション科では理学療法(6名)、作業療法(4名)、言語聴覚療法(2名)の各専門の療法士が、医師の指示のもとに他部門と協力をしながら治療、退院支援に当たっています。治療では個々の患者さまに合ったきめ細やかなプログラムを立案し、早期の機能回復・社会復帰に努めております。患者さまの生活背景を考慮し、退院支援として退院前訪問指導を実施しています。実際に患者さんのご自宅へスタッフが訪問し、退院前の環境整備や介助方法等のアドバイスを行っています。当科の対象患者さまは急性期の方から慢性期の方まで幅広く、疾患も呼吸器疾患、神経難病、脳血管障害、重症心身障害児(者)、児童精神と多岐に渡っています。この豊富な臨床経験を持ったスタッフが患者さまの能力を最大限に発揮できるよう日々のリハビリにあたっています。

理学療法(Physical Therapy:PT)

3学会合同呼吸療法認定士、日本糖尿病療養指導士、静岡県西部糖尿病療養指導士、福祉住環境コーディネータなどの各種専門資格を所有したスタッフが治療を行っています。また医療機器が充実しており、心肺運動負荷装置(CPX)や部分免荷歩行装置、重心動揺計を備えています。理学療法部門では呼吸器疾患、神経難病、脳血管障害、重症心身障害児(者)、糖尿病の患者さまに対して主に運動療法、呼吸リハビリ、基本動作訓練、歩行訓練を行っています。患者さま個々の心身状態を評価した上で個別プログラムを立案し、患者さまのニーズに必要な動作や機能の獲得をサポートします。サポートには医師・看護師・薬剤師・臨床検査技師・管理栄養士等との協力が必須であり、多職種による包括的指導を行っております。

作業療法(Occupational Therapy:OT)

作業療法では、病気やケガなどによって手足の麻痺、筋力の低下、関節の動きが悪くなるといった症状に対し手足を動きやすくする運動、筋力をつける運動、関節が動きやすくする運動を行っていきます。また、食事、着替え、洗面などの日常生活の動作が困難な方に対してそれらの動作の改善を図る練習を行っていきます。
実際には、神経難病の方々には病状の進行による筋力の低下や関節拘縮(関節が硬くなる)の予防する為の運動や今まで可能であった日常生活の動作(食事、着替え、洗面など)が出来なくなってきた場合、代替手段の検討や練習などを行っております。また、会話が困難になってきた方々に対し文字板やパソコンを使ったコミュニケーション手段の確立や調整など行っています。
重症心身障害児(者)の方々には、手足や身体の発達を促すために遊びを取り入れた運動を行っています。また、身体の変形を予防する姿勢や呼吸が行いやすくなるような姿勢の検討を行い日常生活の中で常に良い姿勢がとれるよう取り組んでいます。また、広汎性発達障害やADHD等の発達障害、統合失調症や適応障害等の児童・思春期の精神疾患をもつ方々を対象に精神科作業療法も実施しています。創作活動やスポーツ等の作業活動を通じて“こころとからだのリハビリテーション”を行うことにより、家や学校生活に適応できるよう支援をしていきます。

言語聴覚療法(Speech and language Therapy:ST)

言語療法では、病気や事故、発達上の問題により、言葉に障害のある方や食べることや飲みこむことが上手く出来ない嚥下(えんげ)障害の方に対する検査・評価を行い、ひとりひとりに合った訓練・助言等を言語聴覚士(ST:Speech-Language-Hearing Therapist)が行います。円滑に日常生活を送り、コミュニケーションの楽しさと希望のある生活を取り戻せるように支援します。

訓練内容は、神経難病や脳血管障害の方には、誤嚥性肺炎や窒息を防ぐためにその方にあった食事の形態・姿勢などを調節します。また、構音障害や失語症などのことばに障害のある方は、発声発語訓練などを通し、ことばを取り戻していきます。
重症心身障害児(者)は、顔面周囲の過敏が見られる方が多いため、過敏除去などを実施し、食べる楽しみを知っていただけるように支援しています。
発達障害児に対しては、本や絵カードを通し、語彙の拡大を目指しています。
幼稚園の先生などとも意見交換し、支援に取り入れています。
また、NST(栄養サポートチーム)にも参加しています。医師、看護師、薬剤師、栄養士、臨床検査技師など、さまざまな職種と連携し、患者様にあった栄養管理ができるよう活動しています。

  1. トップページ
  2. 天竜病院について
  3. 各部門紹介
  4. リハビリテーション科