天竜病院について

各部門紹介

療育

重症心身障害児(者)への療育支援について

1、2病棟(旧やまゆり病棟)には、重い知的障害と身体障害(肢体不自由)を併せ持った患者様が入院されており、「療養介護」等の障害福祉サービスを受けられています。 患者様の中には、身体障害が比較的軽い方(移動ができる方)、知的障害が比較的軽い方(会話ができる方)等、様々なタイプの方が入院されています。また、人工呼吸器を使われている患者様も入院されています。

療育について

皆様は『療育』という言葉をご存じでしょうか? この言葉はもともと身体障害の分野からはじまった言葉で、「療」は医療を、「育」は育成を意味しています。「療育」とは、医師や看護師をはじめ、患者様に関わる様々なスタッフが協力、連携して、ひとり一人の患者様の健康とQOL(生命、生活、人生の質)を支え、育む、全ての取り組みを指します。

療育指導科について

療育指導科では、“発達”、“生活”、“余暇”といった面を主に担い、児童指導員と保育士がその充実に努めています。具体的には、患者様の発達・能力の評価、食事や入浴等の生活支援、療育活動、行事活動等を行っています。また、それらと並行しながら、入院や退院の調整、ご家族をはじめ、児童相談所や行政、司法機関等との様々な調整も行っています。

療育活動について

療育活動では、音楽療法や運動療法のノウハウを取り入れた躍動的で楽しい活動(ムーブメント活動等)、「やすらぎ」と「ふれあい」を重視した スヌーズレン 活動等を行っています。また、患者様のニードに基づいた個別活動や散歩、外気浴等も行っています。

行事活動について

行事活動では、リフトバスを使った院外活動(公園、ショッピングセンター他)、コンサート、季節行事等を行っています。行事では「楽しさ」だけでなく、ご家族やボランティアさん達との「ふれあい」も大切にしています。

入院や見学をご希望の方へ

重症心身障害病棟(1、2病棟)への入院を考えている方、見学や実習を希望される方、また、このホームページをご覧になって「重症心身障害」や「療育」
スヌーズレン」等に興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、是非、下記にご連絡下さい。詳しい説明をさせて頂きます。

ボランティアさん募集中

患者様の話し相手、絵本・紙芝居の朗読、演奏活動、行事の手伝い(院外活動の付き添いを含む)等、患者様とふれあって頂ける方を募っています。経験や年齢等は問いません。ホームページをご覧になって「何かやってみようかしら」と思われた方は、是非、ご連絡下さい。

  1. トップページ
  2. 天竜病院について
  3. 各部門紹介
  4. 療育