天竜病院について

各部門紹介

検査科

臨床検査科って、何をする所?

皆さんは体の具合が悪くなって病院に行ったとき、血液や尿検査あるいは心電図検査を受けたことがあると思います。このように、病院内で体から採れた体液や排泄物、あるいは体の一部を検査したり、または体を直接検査する所が臨床検査科です。
また、病院内で検査をしますので早く結果が出ます。

どんな検査があるの?

一口に検査といっても、目的によって検査する項目が違ってきます。
健康診断や人間ドックの場合は、一般的な生活習慣病を発見する為に、検査項目も順序も決まっていますが、一般外来受診では、医師の診察(問診、視診、触診打診、聴診など)によって病気を推測し、検査項目を計画します。ですから医師の質問にはできるだけわかりやすく答えましょう。また、はじめの検査で異常が認められたときは、何回か検査を行ったり精密検査へと進んだりします。

検査の種類と内容は?

検査の種類は大きく分けて、受診者から採取した材料(検体)を分析する検体検査と、受診者の体を直接調べる生理機能検査があります。

検体検査

  1. 生化学・免疫検査:血液を遠心分離器にかけて、細胞成分と液体成分に分けます。
    この血清と呼ばれる液体成分中のさまざまな物質を分析することによって、からだの各臓器の状態を調べたり、血液中の細菌やウイルスの有無やさまざまな抗体を調べます。
  2. 血液検査:血液中の赤血球、白血球、血小板などの細胞の数や形態を分析することにより、貧血や病気に対する抵抗力や止血の働きを調べます。
  3. 尿一般検査:尿中の各種成分を分析したり、含まれる成分を顕微鏡で調べることにより腎臓・尿管や膀胱の状態を調べます。また、体内の糖が一定限度を超えると尿中にもれ出てきますので、これを調べることにより、糖尿病を診断する第一歩となります。
    その他、便を調べることにより、消化管の異常による出血や、寄生虫の感染の有無が分かります。
  4. 細菌検査:細菌が原因と考えられる病気の場合、からだから採取された血液や分泌物あるいは排泄物中に細菌がいないかを調べます。細菌が繁殖しやすい環境で細菌を増殖させ、その形態や代謝物を分析することによって細菌名を特定します。
    また、その細菌にどのような薬が効くのかを調べます。
    細菌検査はこのように菌を育ててから検査するので結果が出るまで数日かかります。
    近年では細菌の遺伝子を増幅させ、迅速で感度良く細菌を検出する方法もあります。
  5. 病理組織検査:手術や検査で採れた病変部からスライド標本を作りいろいろな染色をし、顕微鏡で組織の状態を調べます。

生理機能検査

  1. 心電図検査:心臓が動く時に発生する微量の活動電流の変化を記録します。この電気的な変化から心臓の状態を調べます。不整脈、狭心症、虚血性心臓病、心肥大などの発見に役立ちます。異常の発見を高めるために、24時間の心電図を持続的に記録するホルター心電図なども行います。
  2. 肺機能検査:皆さんは呼吸をして、肺から体内に酸素を取り入れていることはご存知かと思いますが、その肺の質や機能を調べる検査です。この検査を行うことによって自分の肺年齢もわかります。
  3. 脳波検査:脳はその活動にともなって、ひじょうに微弱な電流を流し続けています。
    頭部に電極を付け、その電流を導きだして増幅し、波形として記録します。
    脳の機能的変化をとらえたもので、脳血管障害やてんかんなど、脳の異常が疑われるときに行われます。
  4. 終夜睡眠ポリグラフィ:就寝中に脳波、呼吸、心電図、血中酸素濃度などを記録して、睡眠の状態を調べます。
  5. 血管伸展性検査:血管の質を検査します。動脈硬化などで血管が硬くなっていないか調べます。
  6. 超音波検査:超音波を使って安全で手軽に体内の様子を観察する検査です。

検査を受けるときの注意は?

検査前日はいつもと同じ生活状態で検査に臨むことが大切です。しかし、アルコールは検査の結果に影響を与えますから、前日の飲酒は避けましょう。また前日の夕食も早めに済ませ、それ以降の飲食は控えましょう。どうしても夜遅く食事をしなければならないときや薬を飲まなければならないときは、検査時に申し出てください。血液検査は空腹時に採血することが原則です。
検査当日は医師や看護師などの係りの人の指示に従って下さい。
生理機能検査など体を直接検査する場合は緊張が検査に影響する場合がありますのでできるだけリラックスした状態で検査を受けるように心がけましょう。
また、生理機能検査では電極などをからだに装着する場合がありますので前日に入浴をし、洗髪しましょう。
検査中に苦痛や異常を感じた場合は我慢をせず、申し出ましょう

  1. トップページ
  2. 天竜病院について
  3. 各部門紹介
  4. 検査科